劇団新芸座ブログ

shingeiza.exblog.jp
ブログトップ

タグ:井上ひさし ( 60 ) タグの人気記事

新芸座の樋口一葉の文机 

d0172438_6323627.jpg


一葉さんの文机。
新芸座版です。

ランプは
実川が
あるもので
手づくりした力作です。

もちろん
灯りがつきますよ~
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-07-01 06:37 | Comments(0)

暑さ対策お試し中

d0172438_083918.jpg




暑い~!!

稽古中汗だくです~
ふとんみたいなうちかけ
着てたり、

着物は、下に襦袢
と下着も着るので

それで走り回ってるので
半端じゃない汗です。

本番はこれに
照明が入る~

おそろしや
やせられる?

先日、有瀬ちえちゃんが
貸してくれた携帯扇風機!
「キャー!これいい!」と大騒ぎに。

スプレーや
お肌に直接ふりかける
ひんやりグッズ
いろいろお試し中。

d0172438_09454.jpg

[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-30 00:12 | Comments(0)

鳴り物隊男子のふたり

d0172438_1028029.jpg


お多喜さんとお鑛さまの
「おいもやさん、おいもやさん」
が出だしの毬つき唄や

花蛍さんのじゃんけん唄の時、
鳴り物隊男子のふたりが活躍します!

使うのはおもに、
木魚にゆうれい笛にトライアングルなど

なんだかとっても楽しそう!
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-29 10:35 | Comments(0)

お多喜さん役 天城美枝さんです!

d0172438_10543325.jpg

樋口一葉、本名、夏子のお母さん。
樋口多喜役の
新生ふるきゃらの
天城美枝さんです。

おつきあいは古く
新芸座ができたばかりのころ
天城さんから日本舞踊を
習っていたそうです。
ずっと、いろいろな折に
新芸座に協力してくれた
天城さん。

今回、初めて新芸座の公演に
出演して下さいました。

ほんとうに謙虚に
一生懸命、稽古に
はげんでいる姿勢は
勉強になります。
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-27 11:08 | Comments(0)

小道具作り、今日はおばけちょうちん

d0172438_2356461.jpg


今回、いろいろ手伝ってくれている
有瀬ちえちゃん。
大道具、小道具担当の
じっちゃんと
おばけちょうちんを作成中。
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-27 00:01 | Comments(0)

「頭痛肩こり樋口一葉」のかつらです。

d0172438_2359944.jpg


りっぱなかつらです。
d0172438_01497.jpg


床山の成田さんが
かつらの扱い方など
指導してくださいました。
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-25 00:04 | Comments(0)

新芸座公演「頭痛肩こり樋口一葉」本番近ずきました!


今回は申し訳ありません!

どうしても稽古場で写真を
撮ることができません〜

公演の情報、稽古風景など
ブログでお知らせしないまま、
もう6月24日になってしまいました!

緊迫した稽古が続いています。

今回、初めて出演して下さる
天城美枝さんのお母さんが
ステキです!
みんな引っ張られてます〜
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-06-24 23:29 | Comments(0)

7月公演「頭痛肩こり樋口一葉」のチラシです~

チラシできました。
d0172438_23314410.jpg
d0172438_23322424.jpg

[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-05-16 23:34 | Comments(0)

7月公演「頭痛肩こり樋口一葉」上演にあたって

3月7日に「霞晴れたら」の公演が終わり
11日に東日本大震災がおこって
もう2カ月たちました。

計画停電や節電の影響で
一時、稽古につかっている
市民会館が、夜間使用できなくなり
また、いま何を上演するのかで悩みました。

上演許可をいただき、
また市民会館も
夜間使えるようになったので

7月の公演は、
昨年、亡くなられた
井上ひさしさんの
「頭痛肩こり樋口一葉」を
上演することに致しました。

今まで新芸座では、
多くの井上さんの作品を
上演させていただきました。
その井上さんは
ご自身も山形出身で、
東北にゆかりの作品を
多く書かれました。

私たちは東北を愛してやまなかった
井上さんの思いを受け継ぎ、
井上ひさしさんへの追悼と、
東日本大震災で犠牲になられた方々へ
哀悼の意を表し
「頭痛肩こり樋口一葉」を
鎮魂の思いをこめて上演いたします。

ぜひごらんください。
[PR]
by shingeiza-tomo | 2011-05-14 23:32 | Comments(0)

「非戦を選ぶ演劇人の会」ピースリーディング行って来ました。

なんとか時間がとれ、チケットもギリギリとれたので、
20日、「非戦を選ぶ演劇人の会」のピースリーディングに
劇団の長尾さんと2人で出かけました。

ロビーで、劇作家の坂手洋二さんと、永井愛さんが、
会の運営資金のためのカンパを集めていました。
前回、永井さんに「こんにちは、母さん」の
上演許可をいただいたので、お礼を言って、
それから少しばかりカンパをしました。

朗読劇は「Reカクカクシカジカの話」

核兵器の問題に関心がなかったのに、
大学の課題で、核問題のレポートを書くことになった青年。
核武装派と核廃絶派が登場して激しく議論します。
被爆者の体験を聞いた青年は、核抑止論に傾きますが、
様々な本を読んで勉強したり、議論の末、
最後、核廃絶を選んでいくというお話でした。

次々いろんな論戦が出てきて、
私の頭に入っていかないこともあったけど、おもしろかった。
使ったら人類が滅亡してしまうかもしれないほどの核兵器が
世界に蓄積されている。そんな恐ろしいもの、
莫大なお金かけて持ってることない。
私は核兵器なんていらないと思う。

カンボジアで活動しているフォトジャーナリストの
安田菜津紀さんへのインタビューもありました。

それから追悼企画リーディング
「井上ひさし平和への祈り」がありました。
井上さんの戯曲から「父と暮せば」「太鼓たたいて笛吹いて」
「紙屋町さくらホテル」「闇に咲く花」「きらめく星座」
からのセリフと、井上さんが子どもたちのために書いた
「子どもに伝える日本国憲法」からの朗読を織り交ぜた構成でした。

改めて、井上さんの平和への強い思いがこもった、
素晴らしいセリフの数々に胸が締めつけられました。
この数々の作品を生み出すために、
命がけで取り組まれたに違いないです。

新芸座でも上演した「父と暮せば」の一節を、
こまつ座で二回演じている、
すまけいさんと梅沢昌代さんが朗読しました。
そして追悼リーディングの最後に近づいたころ、
「子どもに伝える日本国憲法」のあとがきから、
すまけいさんが朗読されました。
これが、むねにぐっときた。

「この60年にわたって、
私たちは目先のことに惑わされて、
いろんなものを簡単に捨ててきました。
日本にあるものはたいていつまらないものばかりだから
捨ててしまってもかまわないという考え方は、
日本にあるものはすべて尊いとする考え方と同じように、
まちがいだと私は思います。
捨ててよいものもあれば捨ててはいけないものもあって、
後者の代表が日本国憲法ではないでしょうか。
これを捨てることは、
世界の人たちから、希望をうばうことになりますから」

それにしても、
あれだけの役者さんたちを集めて
演出した、渡辺えりさん、
大変だっただろうな〜

ぜひ続けてほしい!
その願いを込めて、
非戦グッズの、長尾さんはバックを、私はTシャツを
買って帰りました。
[PR]
by shingeiza-tomo | 2010-07-22 19:03 | Comments(0)